キリムのページリニューアル中。少しずつ、新商品をUP中です。
キリムのページを更新いたしました。
バフヌークのページも近日中に更新予定です。
                                    2009年1月22日 
マルグーム、いろいろ チュニジアで、地方ごとに管理組合が置かれ、政府の品質表示が義務付けられている手織りのラグです。きちんと管理されて、伝統を守る形で織られているので、大きさも揃っているし、あつかいやすいのが特徴です。
キリム、いろいろ 主に南部、砂漠地方で昔から織られている平織りの敷物です。マルグームのようにしっかり管理生産されているわけではないので、セレクトしている私の力量が試されることになります。
マルグームより、面白みのある手織りの芸術品たち・・・
ガゼル柄のキリム、
いろいろ
キリムの中でも、特に人気のあるのが、このガゼル柄。チュニジアをはじめ、イスラム圏の国の人々の間では、ガゼルという動物は、美しさの象徴とされているのです。
ガフサの
リバーシブルキリム、
いろいろ
チュニジアの南部への入り口の町、ガフサでは、リバーシブルの平織りタペストリーが織られています。しっかりとした厚みのある織物なので、敷物としても十分にお使いいただけます。
 マルチに使える、お勧めのキリムです。
バフヌーク、いろいろ バフヌークとは、砂漠の町の女性たちが、砂よけのために被るショールのようなもの。結婚式など特別な日のために、繊細な刺繍の施されたものも多くあります。主に、ベッドカバーやソファーカバー、タペストリーとしてお使いいただけます。
ベルベルじうたん、
いろいろ
毛足の長いパイル織りのラグです。イランのギャッベのチュニジア版とでも言えましょうか。全体としてはナチュラルなウールの色を生かして織られていますが、対角線上にベルベル民族の文様が織り込まれています。
手織りキリムのページを、キリムの種類ごとに、6ページに分けて構成しました。
それぞれの写真をクリックしていただくと、商品リストのページにジャンプします。
チュニジアにも、こんなにいろいろな種類の織物があるのです。
実は、まだまだ「さらは」ではご紹介しきれていない、何種類かの織物もあるのですが・・・。